平成29年度 教育力向上推進に関する成果と課題

今年度もこれまでと同様のテーマや目標で教育力向上推進研究を進めました。

             
    • 生徒同士の学び合いによる学力向上
    • 生徒の学習活動と授業展開の工夫
    • 生徒に身に付けさせたい力の明確化
      (学習活動のねらいを、板書や説明により生徒に示す。)

夏季休業中に、外部講師により「生徒の主体的・対話的な深い学び」及び「リーダーシップ教育」に関して研修会を行いました。

また、今年度も研究授業は5教科7科目について別日程で開催しました。生徒の主体的・対話的な深い学びを目指した授業の教材や授業展開の工夫が更に進みました。研究授業の数日前、事前に、学習指導案について一斉に検討会を行い、事後にも一斉に協議会を開催し、KJ法を用いて振り返り、協議記録を残しました。研究授業の際には、受講生徒にアンケートを実施し、事後の研究協議の資料として活用しました。該当教科以外の教員は任意にいずれかの教科の協議会に参加し、教科横断的に協議を行うことで様々な視点から改善策や課題等について意見交換がなされ共有することができました。

生徒の学習意欲や学力の更なる向上のため、IT機器の有効な活用や授業展開、家庭学習の工夫が課題です。

各教科の授業における成果や課題を次に記載します。

平成29年度「生徒による授業評価」報告